ニュース解説
自衛官採用率が過去最低!魅力化には「自衛隊に入れば得」をする自衛官免税/減税を導入してみては?新着!!

過去最低の51% ちょっと前になりますが、7月8日付の産経新聞のサイトに「令和5年度自衛官採用率が過去最低の51% 防衛省に危機感、処遇改善やAI活用など検討」という見出しの記事が掲載されていました。以下、その抜粋です。 […]

続きを読む
その他
兵站(ロジスティック)の適否が勝敗を決める〜複雑で広範多岐にわたる兵站は作戦で最も重要です!

兵站とは 知ってそうで知られていない「兵站」 みなさんは「兵站」という言葉を聞いたことがありますか?ミリタリーに関心がある方ならご存知かと思います。でも、何を持って「兵站」と言うのかは、あまり知られていないように感じます […]

続きを読む
リーダーシップ
野外令には「人事」についても書いてある〜陸自の作戦における人事は企業戦略の人事にも適用できます!

野外令は指揮・運用の基本的原則を解説したものですが 野外令とは、国土防衛作戦における諸職種連合部隊の指揮・運用の基本的原則が記されたものです。だから、戦いの原理・原則事項、攻撃や防御といった戦術行動について記述されている […]

続きを読む
ニュース解説
軍事用語解説:「制空権」とは言わなくなった?最近の主流は「航空優勢」です

ニュース解説で「制空権」と言うけれど 先日、ウクライナ情勢に関するニュースを見ていたら、海外の軍事専門家が英語で解説している字幕に「ウクライナは東部での制空権を失ったので、攻勢作戦に失敗した」とありました。このニュースで […]

続きを読む
ニュース解説
ニュース解説:ウクライナ軍が最高とされる旅団を予備隊として投入〜最高の部隊なのになぜ予備?

ウクライナ軍がアウジーイウカに予備隊投入か 2024年2月13日付のForbes JapanのWebサイトに、「アウジーイウカ救援へウクライナ軍が予備の部隊投入か 「徹底抗戦」決断の可能性」と題される記事が掲載されていま […]

続きを読む
ニュース解説
「陸自の個人装備品は貧弱」という報道について、元自衛官として思うこと

被災地の自衛隊の装備品ボロボロ 1月1日に発生した能登半島地震に伴い、多くの自衛官が被災地に派遣され活動していますが、1月14日付の写真週刊誌FLASHのweb記事に『「靴の中はずっとぐちゃぐちゃ」能登半島地震で災害派遣 […]

続きを読む
その他
能登半島地震に伴う災害派遣〜自衛隊は戦力を逐次投入したのか?という疑問に答えます。

立憲民主党の議員が「逐次投入」と批判 まずは1月1日に能登半島で発生した大地震によりお亡くなりになられた方々に対しまして、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 1月6日付の東京 […]

続きを読む
ニュース解説
今年目立った自衛隊でのパワハラでの処分報道:元自衛官として思うこと

ハラスメントで207件を処分 2023年を振り返ると、自衛隊に関するネガティブな報道として、ハラスメントに関するものが目立った印象があります。12月22日付の防衛省の公表資料によると、207件で245人を処分したとありま […]

続きを読む
幕僚
どう戦うべきか?を決める作戦見積〜全ての要因を検討して最良の行動方針を導き出す

作戦見積とは? これまで地域見積、情報見積を解説してきましたが、今回はいよいよ作戦見積について解説します。 作戦見積とは何なのか?名前の雰囲気から、作戦を立てるための見積もりっぽい? その通りです。この見積の結論はそのま […]

続きを読む
幕僚
陸上自衛隊の地域見積〜他の見積の基盤、地域の特性がお互いの戦術行動に及ぼす影響を解明

あらゆる見積の基盤 以前に情報見積に関する記事を書きましたが、その中で少しだけ地域見積に触れました。(その時の記事はこちら→陸上自衛隊の情報見積〜競合分析も緊急事態対応もこれを応用すればバッチリ?!)でも、戦術の思考過程 […]

続きを読む